ようこそ

中村大輝(広島大学大学院)の個人サイトです。

研究の内容や成果をまとめています。

Profile

中村大輝(Daiki Nakamura)

広島大学大学院 教育学研究科 博士課程後期

専門分野:科学教育、理科教育、教育評価、教育心理

E-mail: turidaiki(@)gmail.com

researchmap: https://researchmap.jp/daikin/

研究内容

1.科学的思考力(科学的推論能力)の研究

研究概要

学習者が科学的に探究を進める上で必要となる科学的思考力(scientific thinking)や科学的推論能力(scientific reasoning skills)に関する基礎的研究を行っています。特に、仮説設定能力や条件制御能力の評価方法・指導方法に関する研究を進めています。仮説設定場面では、「目の前の問題状況に対する暫定的な説明(仮説)」を構築する必要がありますが、その際、問題状況から従属変数と独立変数を見出し、因果関係について論理的に検討する必要があります。また、仮説を確かめるための実験方法を検討する場面では、操作変数以外の独立変数(統制変数)を適切に制御することが求められます。このような高度な科学的思考は初学者にとって難易度が高く、指導方法の開発が課題となっています。


成果論文(抜粋)

  1. 中村大輝・松浦拓也(2018)「仮説設定における思考過程とその合理性に関する基礎的研究」『理科教育学研究』58(3), 279-292. https://doi.org/10.11639/sjst.17005
  2. 中村大輝(2018)「発見の文脈における評価に関する基礎的研究」『理科教育学研究』59(2), 197-204. https://doi.org/10.11639/sjst.sp17009
  3. 中村大輝・雲財寛・松浦拓也(2018)「理科の問題解決における仮説設定の研究動向」『理科教育学研究』59(2), 183-196. https://doi.org/10.11639/sjst.18026
  4. 中村大輝・松浦拓也(2019)「理科における条件制御能力に影響を及ぼす要因についての一考察」『理科教育学研究』60(2), 385-395. https://doi.org/10.11639/sjst.sp18017


2.理科学習における認知欲求の研究

研究概要

認知欲求(need for cognition)とは、「努力を要する認知活動に従事したり,それを楽しむ内発的な傾向」の個人特性を指します。これまで、認知欲求は様々な行動や学業成績を予測する変数として注目を集めてきました。理科学習における認知活動とは科学的思考であり、科学的に考えることを楽しむことができる学習者を育成することを目指した研究を行っています。


プロジェクトHP

理科における認知欲求尺度の構成

https://doi.org/10.17605/OSF.IO/VU352


成果論文

  1. 雲財寛・中村大輝(2018)「理科における認知欲求尺度の開発」『科学教育研究』42(4), 301-313. https://doi.org/10.14935/jssej.42.301
  2. 中村大輝・雲財寛・松浦拓也(2021)「理科における認知欲求尺度の再構成および項目反応理論に基づく検討」『科学教育研究』45(2), 215-233. https://doi.org/10.14935/jssej.45.215


3.教育効果に関するメタ分析

研究概要

教育分野の研究はサンプルサイズの制約から、1つの研究だけでは一般化可能な強いエビデンスを生み出しにくいという課題を抱えています。そこで、メタ分析(meta-analysis)という手法を用いて、特定のテーマに関する先行研究を量的に統合することで、より強固なエビデンスを生み出す方法が提案されています。私たちはこれまでに、理数教育におけるテクノロジー活用の効果、理科教育における様々な指導法の効果に関するメタ分析を実施してきました。メタ分析の結果は、これまでの研究を総括するだけでなく、これからの研究や教育政策を検討する上で有用だと考えられます。


プロジェクトHP

理科指導の効果量収集プロジェクト

https://doi.org/10.17605/OSF.IO/625JE


成果論文

  1. 中村大輝・山根悠平・西内舞・雲財寛(2019)「理数科教育におけるテクノロジー活用の効果 ―メタ分析を通した研究成果の統合― 」『科学教育研究』43(2), 82-91. https://doi.org/10.14935/jssej.43.82
  2. 雲財寛, 山根悠平, 西内舞, 中村大輝(2019)「理科教育における批判的思考力の育成を目的とした授業実践の効果 ―国内誌を対象にしたメタ分析の結果を中心として―」『科学教育研究』43(4), 353-361. https://doi.org/10.14935/jssej.43.353
  3. 中村大輝・田村智哉・小林誠・永田さくら・大野俊一・大森一磨・堀田晃毅・松浦拓也(2020)「理科における授業実践の効果に関するメタ分析-教育センターの実践報告を対象として-」『科学教育研究』44(4), 215-233. https://doi.org/10.14935/jssej.44.215


4.研究の再現性とオープンサイエンス

近年,教育学を含む多くの学問分野において過去の研究結果が再現されないという再現性の危機が問題になっています。このような再現性の危機の原因として指摘されているのが,問題のある研究実践(QRPs)の存在です。QRPsを防止するには、個々の研究者の努力に加えて、学術制度を改革しオープンサイエンスを推進していく必要があります。研究の透明性を高め、質を向上させるための取り組みについて他分野の研究者と連携しながら検討を進めています。


成果論文

  1. 中村大輝・原田勇希・久坂哲也・雲財寛・松浦拓也(印刷中)「理科教育学における再現性の危機とその原因」『理科教育学研究』62(1). preprint.


研究室ホームページ構築&運用サービス 年額39,8000円+税 お試し無料